MENU
  このエントリーをはてなブックマークに追加

髪を洗うシャンプー。選んでは行けないものを使ってませんか?

シャンプー

世の中には一般的に売られている市販品と美容院や育毛シャンプーのように専門的な分野に別れて販売されているシャンプーにわけられます。

 

その中でも市販のシャンプーは良く選んで使わないと後々大変なことになってしまいます。

 

私も長年美容師をしてきてこれは良かった、これはダメなシャンプーいう専門知識があります。

 

今回はその知識を活かして薄毛の方が選んでも良いシャンプー、選んではいけないシャンプーをご紹介します。

 

育毛シャンプーと市販シャンプーの違い

市販品と育毛シャンプーの違いを分けてみると次のようになります。

 

価格

値段は選ぶ基準の最大の難関ですね。市販シャンプーは数百円からに対し育毛シャンプーは数千円から。

 

毎日使うだけにコスト面を考えると育毛シャンプーは躊躇してしまいます。しかしそれだけ薄毛に有効な成分が含まれていることもご理解ください。

 

成分

市販シャンプー

成分で市販のシャンプーと育毛シャンプーの差がでてしまいます。市販シャンプーに含まれる成分、特に洗浄成分や防腐剤は石油系のものが使われており洗浄力が強力で薄毛の頭皮には刺激が強すぎます。

 

主に使われているのはラウリル硫酸系の洗浄成分。これは皮膚に浸透しやすくさらに長い年月かけて蓄積されるのでよろしくありません。日本人の薄毛の原因になったのはシャンプーが一般的になった頃からと言われるくらいです。

 

また、それに含まれる防腐剤。非常に殺菌力の強いパラベン系を使用しており、これも頭皮に必要な常在菌を殲滅させ、頭皮の代謝の妨げになってしまいます。
市販シャンプーになぜこのような成分が多いのかというとコストが安いからです。

 

良い成分はやっぱりコストが高くなっていまいます。最近では市販でもオーガニック製品が増えていますが天然由来の成分はやはり割高です。稀に安いシャンプーにもオーガニック系があるのですが成分の濃度が非常に薄いです。

 

育毛シャンプー

一方、育毛シャンプーの成分はというとアミノ酸系の洗浄成分を使っていることがほとんど。また頭皮に有効な天然生薬を使用しており、髪の毛に非常によい成分ばかりです。そのためコスト的にも高くなってしまいます。市販で購入できないのは流通コストを少しでも抑え商品自体の値段を下げるためです。

 

つまり良いシャンプーは簡単にそこら辺のドラックストアなどでは購入できないということです。

 

まとめ

絶対に選んではいけないシャンプーそれは含まれる成分に問題があるシャンプーです。特に洗浄成分や防腐剤は浸透性があり、それが石油系だと皮膚に害があるのは必至

 

特に薄毛を発症しているとそれが致命的なダメージになってしまうのでおすすめしません。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 育毛剤と育毛シャンプー

関連ページ

美容師からみたこの人将来はげるだろうと思う人の特徴を紹介
美容師さんが見ると、「あ、この人ハゲるな…」という特徴がある人がいます。それはどんな人なのでしょうか。ここでは、「ハゲそうな人」について詳しく解説いしていきます。
美容師が教える男性に使って欲しい市販のシャンプー3選
男性の頭には抜け毛の悩みから臭いまで、様々な悩みがつきものです。ここでは、頭皮ケアだけでなく、臭いのケアにも効果的なシャンプーを、美容師がの市販シャンプーの中からおすすめします。