MENU
  このエントリーをはてなブックマークに追加

チャップアップ(CU)シャンプーの頭皮によい成分ってどんなもの?

チャップアップ(CU)シャンプーはアミノ酸系の洗浄成分となっているため頭皮の弱い方や薄毛を発症している人にはとても優しい育毛シャンプーとなっています。

 

また、豊富な天然成分が抜け毛を抑制し、頭皮環境を整え髪の毛の成長しやすい地肌に最適化されます。

 

さらにチャップアップ(CU)シャンプーは髪のプロである毛髪診断士と美容師との共同開発で作られた育毛シャンプーです。そのためトリートメントを使用しなくても髪の毛の艶感やボリュームが得られる作りになっています。

 

チャップアップに含まれている良質な成分について

さて気になるチャップアップ(CU)シャンプーの効果なのですが、いったいどのような成分がどのように頭皮に効いているのかを解説していきます。

 

洗浄成分が優しいアミノ酸シャンプー

シャンプーの主となるのはこの洗浄成分です。これでほとんどが決まるといっても過言ではありません。

 

一般的な洗浄成分のほとんどは高級アルコール系とされる石油から生成された刺激の強いラウレス硫酸naやラウリル硫酸naなどの洗浄成分が使われています。

 

これらの成分は硫酸で精製されているため頭皮の弱い方や薄毛を発症している人にはとても刺激性が強いものです。

 

またその中に含まれる海面活性剤の浸透力も強く、長年使い続けることでその成分が地肌に浸透し続け、その間皮膚内の細胞を破壊してしまいます。

 

現在の薄毛が多くなったのは一説にシャンプー文化が原因だともされています。

 

気になるチャップアップ(CU)シャンプーに含まれる洗浄成分は次の通りです。

 

チャップアップ(CU)シャンプーに使用されている洗浄成分一覧
コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドメチルMEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、ココイルトレオニンNa、ココイルグルタミン酸Na

すべての成分がアミノ酸系の洗浄成分で作られているため地肌への刺激が非常に低く、また浸透してもアミノ酸なので皮膚細胞や髪の毛を再生修復します。

 

頭皮環境を整える

次に頭皮環境を整え荒れや抜け毛を予防する成分です。

 

チャップアップ(CU)シャンプーはただ単に頭皮や髪の毛を洗うだけのシャンプーではありません。これらの成分が頭皮環境を整える効果を持っておりそれがふんだんに配合されています。

 

例えば頭皮環境を整えるためには保湿力はとても大切なものです。

 

そのためチャップアップ(CU)シャンプーにはトリイソステアリン酸PEG-120メチルグリコースやメチルグルセルといった保湿成分やy-ドコサラクトン、グルコシルルチンといった植物由来の安全な成分が頭皮の保湿力を高め肌バリアに貢献します。

 

さらにノンシリコンとなっているにもかかわらず艶や手触りが良いのはそれに含まれるカプリリルエーテル、ポリクオタニウム-6が含まれるからです。

 

それらは髪の毛を保護する作用がありノンシリコンでも手触りのよい質感に整えてくれます。

 

シャンプーとして地肌に使用するのに注意すべき危険な成分を徹底解析!

 

チャップアップ(CU)シャンプーには頭皮に良い成分がたくさん入っていて、とても安心できるアミノ酸系シャンプーであることがわかりましたね!

 

では、そもそも気をつけなければならないシャンプーの成分とはどんな成分なのでしょうか?
頭皮は他のお肌と基本的には同じ皮膚の性質・構造をしているため、お肌に良くない成分は頭皮にも良くない成分と言えます。
地肌や頭皮も、顔などのお肌と同じようにデリケートなお肌なのです。

 

それでは、頭皮に悪影響を与える可能性の高い具体的な成分を調査してみました。

 

配合する成分の内容に注意!頭皮に悪いシャンプーの成分とは?

 

販売されているシャンプーの中で注意すべき配合成分は大きく分けて以下の3つです。
順に見て行きましょう。

 

1.石油系成分である界面活性剤(洗浄成分)入り市販シャンプー

 

洗浄成分としてよく利用される石油系成分の界面活性剤です。
多くの市販されているシャンプーにはこの界面活性剤が含まれていることをご存知ですか?

 

界面活性剤は原料が石油であるものや天然油脂のもの、ラウリル硫酸やラウレル硫酸を合成して作られているものなど、を使用しています。
これらは鉱物油や植物油から作られた合成化学物質、いわゆる添加物の一種にもなります。

 

この成分は泡立ちも良くて洗浄には便利との理由から、あらゆる油脂分を洗い流すのに使われています。
例えば食器用洗剤やお風呂洗剤などがその代表例ですね。

 

しかし界面活性剤は強いアルコール成分でできているため、地肌に使うには洗浄力や脱脂力が高すぎるのです。

 

そのため、頭皮に使用すると刺激が強すぎて髪や毛根を傷めてしまったり、髪が絡まって抜けることや流水で流しているときのお肌まで傷んでしまいます。
繊細な髪の毛は痛みで抜けやすくなってしまうため、頭皮の健康は損なわれてしまいます。

 

最近ではこの「石油系シャンプー」は、爽快感はあるけれども頭皮のトラブルには適していないとされています。
ただ、原料が安く済むため安価で商品を販売できるという点で、ほとんどの市販シャンプーには配合されているのが現状です。

 

頭皮や抜け毛が気になる方は石油系の成分が入っているシャンプーは必ず避けるようにして下さい。

 

2.防腐剤の配合 - シャンプーに最低限必要な成分

 

多くのシャンプーに防腐剤が入っています。
例えばパラベンやフェノキシエタノール、メチルパラベンなどがあります。
防腐剤は天然系と合成系に別れますが、どちらも似たようなものです。

 

そもそも防腐剤入っていないシャンプーを見つけるのは非常に困難です。
「無添加」と称しているシャンプーであったとしても、そのほとんどは天然系の防腐剤が入っています。

 

その理由として、シャンプーは湿気の多いお風呂場での使用が通常であり、さらに腐りやすい液体での利用をしているからです。

 

防腐剤が入っていないままシャンプーを使うと劣化がひどくなり、カビで頭皮トラブルが起こしてしまいます。
適度な防腐剤は細菌が繁殖するのを防ぐためには仕方のない成分なのです。

 

頭皮が満足するために刺激の強すぎる成分が配合されていることも

そのほかにも頭皮に刺激を与えてしまう成分は多々あります。
そのほとんどは、頭皮や使用感を満足させるために配合しているのです。
例を挙げるとこのような成分です。

 

・爽快感を増すためのアルコール成分(メンソールなどがこの類い)
・高級アルコール系成分(鉱物油や植物油などから作られた石油系界面活性剤)
・多すぎる添加物(合成香料や合成色素)

 

頭皮には汗腺が多く、他の肌に比べて油脂が多いためスッキリ感をアップするために、メンソールやアルコールの強すぎる洗浄剤など、やや刺激が強い成分を入れることがあります。

 

ただし、ご自身がその強い洗浄感や使用感に満足していても、頭皮はそれを喜ばしいと感じるかは別の話です。
頭皮や地肌が欲するのはやはり良質で肌に優しいアミノ酸のような成分なのです。

 

1番大切なのは、悪い成分は適度に調整し、地肌や頭皮に優しい良質な成分をたっぷり配合して肌をしっかり守ってくれるシャンプーであるかどうか、なのです。

 

チャップアップシャンプーの成分に悪い成分は含まれている?

 

地肌や頭皮のためのシャンプー選びは使用感や満足感よりも良質で肌に優しい成分が大切!
チャップアップ(CU)シャンプーはオーガニック素材の成分やアミノ酸系の成分をたっぷり使用した肌に優しい理想的なシャンプーです。

 

では、チャップアップ(CU)シャンプーの悪い成分はどれくらい入っているのでしょうか?
ここでチャップアップ(CU)シャンプーの全成分を確認しておきましょう。

 

<チャップアップ(CU)シャンプー全成分43種類>
水・コカミドプロピルベタイン・ココイルグルタミン酸2Na・コカミドメチルMEA・トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース・ラウロイルアスパラギン酸Na・セバシン酸ジエチル・グリセリン・メチルグルセス-20・ココイルトレオニンNa・ラウリン酸ポリグリセリル-10・ココイルグルタミン酸Na・PRG-3カプリリルエーテル・ポリクオタニウム-6・ポリクオタニウム-53・y-ドコサラクトン・サガラメエキス・BG・グルコシルルチン・グルコシルヘスペリジジン・レモン果実水・フェノキシエタノール・ポリアミノプロピルピグアニド・クエン酸・セージ葉エキス・ローズマリー葉エキス・キュウリ果実エキス・タチジャコウソウ花の葉エキス・ラベンダー花エキス・セイヨウサンザシ果実エキス・アルテア根エキス・カミツレ花エキス・ゴボウ根エキス・トウキンセンカ花エキス・グリチルリチン酸2k・ユキノシタエキス・マタタビ果実エキス・ウメ果実エキス・ドクダミエキス・サトザクラ花エキス・アスコルビン酸・リンゴ酸・香料

 

このうち注意すべき成分は、やはり頭皮に影響しやすい合成化学物質である以下の成分です。

 

・香料
・フェノキシエタノール(防腐剤)
・ポリアミノプロピルビグアニド(防腐剤)

 

それでは具体的にどのような成分が頭皮に悪影響を及ぼすのかを見ていきましょう。

 

皮脂の香りを除去するための香料

 

チャップアップ(CU)シャンプーには香料が含まれています。
香料は確かに肌に良いものとは言えませんが、チャップアップ(CU)シャンプーに香料が配合されているのには理由があります。

 

頭皮は他の肌に比べて皮膚線が多く、脂っこくなってしまいやすい部分です。
特に汗をかきやすい男性は、外に出ているだけで頭皮が脂ぎってしまい、匂いがきつくなってしまうことも。。。

 

そこで、チャップアップ(CU)シャンプーはベタついた汗の香りを取り除くため、香りを少々つけているのです。
もちろん過剰なほどの香りはせず、ほのかな甘いフルーティな香りです。

 

チャップアップ(CU)シャンプーの香りは、特に女性にかなり好評のようですね!
育毛効果もあるシャンプーだと香りが男性っぽい事が多いですが、女性でも良い香りと思えるようなシャンプーです。

 

また、チャップアップ(CU)シャンプーが薦める二度洗いや泡のせの際にも、シャンプーの香りが良い香りだと癒やされますよね。
リラックス効果もある優しい香りで、肌に影響を与えるほどの量ではないので安心して下さいね。

 

 

添加物は最小限に抑えてできるだけ無添加に近い状態に

フェノキシエタノールやポリアミノプロピルビグアニド

またできるだけ無添加に近づくように作られていますが、品質維持のため多少のフェノキシエタノールが防腐剤として使われています。

 

これはほとんどのシャンプーや化粧品などにも使用されているものなのでそこまで気にする必要はありません。

 

非常に毒性の低いポリアミノプロピルビグアニドなども防腐剤やキレート剤として使用されています。防腐剤が含まれることで湿気のある浴室でも腐らずに使用することができます。

 

頭皮に刺激の少ないアミノ酸シャンプーを使い続けることのメリット

 

爽快感のある刺激の強いシャンプーよりも、頭皮には低刺激で優しいシャンプーを使う方がオススメです。
低刺激なアミノ酸シャンプーのメリットは以下の5つです。

 

1.地肌や頭皮、毛髪や肌の健康を損なわない

低刺激で作られたものは成分が肌に優しく、地肌や頭皮などの健康を損なうことなく使用することができます。
刺激の強いシャンプーは肌荒れを起こしやすく、地肌の環境が悪くなってしまうことで抜け毛や地肌の老化などの原因になってしまいます。

 

頭皮に刺激が少なくて肌に優しいシャンプーを使うなら長期的に使えば使うほど、良い影響を与えてくれます。
地肌にもターンオーバー(肌の再生)があります。
低刺激で成分も良いチャップアップ(CU)シャンプーなどであれば、長期の利用で地肌を若返らせてくれる効果も期待できるでしょう。

 

2.かぶれやすい敏感肌の人でも使用できる

低刺激シャンプーは敏感肌やアトピー肌、肌荒れしやすい方向けのシャンプーです。
「刺激の強いシャンプーを使うと頭皮や身体に肌トラブルが起きてしまう・・・」なんてことがある方におすすめです。

 

シャンプーはすすぎなどの洗い流すときに全身をつたうので、敏感肌の方は肌荒れや手指の荒れなども気になるでしょう。
低刺激シャンプーは肌の炎症や肌荒れを起こしにくい優しい成分でできているため、敏感肌向けに作られていて安心して使うことができますよ。

 

3.必要以上の脂分を除去しないので地肌が乾燥しにくい

チャップアップ(CU)シャンプーが二度洗いを薦めている理由として、洗浄力が強すぎないことがあげられます。
それは低刺激な成分のみを配合することで、頭皮の皮脂を取り過ぎないように調整されているからです。

 

頭皮の皮脂を取り除きすぎてしまうと、地肌が乾燥して水分のないカラカラ状態になってしまいます。
そうなってしまうと、髪の毛に栄養が行き渡ることもなくなり、生えてくるはずの毛根も枯れ果ててしまいます。

 

水分のない土台(地肌)に草(髪の毛)は生えてきませんよね。
そのため、育毛に乾燥は絶対にNGなのです!

 

4.洗浄成分が強すぎないので洗髪後に洗髪料の洗い残しが少ない

低刺激シャンプーは洗浄力が弱いため、簡単なすすぎでもシャンプーを洗い流しきることができます。
頭皮に洗髪料が残っていると、かゆみや炎症、匂いの原因となってしまいます。
ただし、簡単なすすぎでも落ちるとは言っても、低刺激シャンプーも十分なすすぎは大切ですよ♪

 

5.髪と同じアミノ酸系タンパク質でできているので髪に栄養分を補給できる

髪の毛の主な成分はアミノ酸によって作られたアミノ酸系タンパク質で作られています。
そのため、低刺激性のアミノ酸シャンプーは髪の毛とほぼ同じ性質でできているのです。
よって、アミノ酸シャンプーを洗髪料に使うことで、髪の毛の栄養分としてしっかりアミノ酸を取り入れることが可能となるのです。

 

 

シャンプーは洗髪料として毎日頭皮や地肌、髪の毛に使うものです。
デリケートな頭皮や髪の毛は毎日の洗髪で摩擦を与えられているのです。

 

少しでも低刺激で頭皮に優しいシャンプーを使うことで、その痛みや摩擦から守ることができるのです。
毎日使うものだからこそ、長期的に使っても安心できる低刺激なチャップアップ(CU)シャンプーをオススメします。

 

他の育毛シャンプーと比較!成分内容や成分数では圧倒的なチャップアップシャンプー

まずはチャップアップ(CU)シャンプーの配合成分の種類は43種類。
成分としては保湿成分が高く、最低限の防腐剤や香料を使用しています。
他の育毛シャンプーの成分種類と配合成分は以下のようになっています。

 

・アデノゲンシャンプー(19種類)合成界面活性剤のラウレス硫酸Na、殺菌剤のトリクロロカルバニリド、やや刺激の強いメントールなどが配合。
・ハルシャンプー(38種類)ただし防腐剤が配合されていないので早めに使い切らないといけない
・プレミアムブラックシャンプー(40種類)アルカリ性でやや刺激の高いメントールが配合。
・スカルプDシャンプー(41種類)ただし刺激の強いハッカや殺菌剤のピロクトンオラミンが配合。
・ウーマシャンプー(42種類)ただし殺菌剤であるヒノキチオールや刺激の強いメントール配合

 

・ボストンシャンプー(45種類)ただし殺菌剤であるヒノキチオールが配合。
・ブブカシャンプー (48種類)やや刺激のあるラウレス-4カルボン酸Na配合
・モンゴ流シャンプー(51種類)ただし刺激の強いメントールや合成界面活性剤が配合。

 

これらの育毛シャンプーの中でもとりわけ肌への刺激が弱く、最低限の添加物でできているチャップアップ(CU)シャンプー。
配合成分の種類や数も引けをとらず、オススメできるシャンプーであることが分かりますね。

 

チャップアップ(CU)シャンプーに配合されている成分をまとめると

成分を総合的に評価すると薄毛や頭皮環境の悪化に悩んでいる人には向いていると思います。また育毛シャンプーの中でもここまで純アミノ酸系にこだわったシャンプーはなかなかありません。

 

最後にチャップアップ(CU)シャンプーの向き不向きな人をご紹介します。

 

チャップアップ(CU)シャンプー向けな人
  • 乾燥肌や敏感肌で頭皮への刺激が苦手な方。
  • 抜け毛、薄毛を発症している方。
  • 抜け毛予防を真剣に考えている方。
  • オーガニック成分にこだわりのある方。
チャップアップ(CU)シャンプーに向かない人
  • 洗い上がりにツッパリ感を求めている方。
  • 髪の毛がちゃんとある方。
  • 値段を数百円以内に収めたい方。

特に薄毛や抜け毛に悩んでいるならばチャップアップ(CU)シャンプーで早めの抜け毛対策、頭皮対策を始めたほうが良いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 育毛剤と育毛シャンプー

関連ページ

チャップアップシャンプーとBOSTON(ボストン)シャンプーを比較
育毛を効果的にするには育毛シャンプー選びが大切です。そこで、今回は評価の高いチャップアップシャンプーと、BOSTON(ボストン)シャンプーという商品を比較してみました。育毛シャンプー選びの参考にしてくださいね。
比べてみました!チャップアップシャンプーとスカルプDを徹底比較 薄毛に効果あるのは?
使用するシャンプーにも気を使うようになったと方必見。薄毛で悩んでいる人に人気のシャンプーと言えばチャップアップシャンプーとスカルプD。両者の特徴を調査し比較しました。
チャップアップシャンプーとプレミアムブラックシャンプーの比
チャップアップシャンプーとプレミアムブラックシャンプーは両方共有名なシャンプーです。では、どのような違いが有るのでしょうか?ここでは、チャップアップシャンプーとプレミアムブラックシャンプーを比較しました。
チャップアップシャンプーとブブカシャンプーを比較してみた
チャップアップシャンプーとブブカシャンプー。両方とも有名な育毛シャンプーです。その違いは何でしょうか?ここでは、チャップアップシャンプーとブブカシャンプーを比較してみました。
チャップアップシャンプーとウーマ育毛シャンプーを比較してみた
有名な育毛シャンプーチャップアップシャンプーとウーマ育毛シャンプー。両者はどのような違いが有るのでしょうか?ここでは、チャップアップシャンプーとウーマ育毛シャンプーを比較してみました。
チャップアップシャンプーとアデノゲンを比較してみた
育毛シャンプーとスカルプシャンプーの違いを知っていますか?実は、大きな違いが有るのです。ここでは、チャップアップシャンプーとアデノゲンを比較。そのちがいについて解説していきます。
チャップアップシャンプーとPROTECジェルシャンプーを比較
チャップアップシャンプーとライオンから発売されているPROTECジェルシャンプーを比較してみました。どちらも人気の育毛シャンプーなので料金と定期コースなどを徹底的に比較しました。
チャップアップシャンプーとモンゴ流シャンプーを比較
チャップアップシャンプーと、モンゴ流シャンプーを比較してみました。価格や配合成分、育毛効果などを紹介しています。
チャップアップシャンプーとharu黒髪スカルププロシャンプーを比較
チャップアップシャンプーと、haru黒髪スカルププロシャンプーという商品を比較してみました。育毛シャンプー選びの参考にしてくださいね。どちらもアミノ酸系シャンプーで頭皮を良くしてくれます。
チャップアップシャンプーとS-1無添加シャンプーを比較
チャップアップシャンプーと、S-1無添加シャンプーという商品を比較してみました。価格や内容量など2つの育毛シャンプーを徹底比較しました。
チャップアップシャンプーとバイタリズムシャンプーを比較
チャップアップシャンプーと、バイタリズムシャンプーを比較してみました。価格や内容量など2つの育毛シャンプーを比較