MENU
 

とっても怖いラウリル硫酸とラウレス硫酸 頭皮と髪にどんな影響が起こる?

チャップアップ6
使うシャンプーによって頭皮環境が決まると言われていますので、多くの人が自分が使うシャンプーにも気を使っているのではないでしょうか。特に薄毛を気にしている人にとってはシャンプーは死活問題と言っても過言ではありません。
成分にこだわるのも分からない話ではありませんが、ラウリル硫酸とラウレス硫酸。
似ている名前の両者ですが、これらの成分が含まれているシャンプーは注意した方が良いでしょう。手軽で簡単!!チャップアップシャンプーと一緒にしたい頭皮マッサージを3ステップで紹介

 

・ラウリル硫酸とは?

ラウリス硫酸は界面活性剤の一種です。泡立ちが良く、洗浄力の高さが特徴です。コスト面を考えるとかなり素晴らしいもので、製造メーカーにとっては「有用」な成分です。一方で刺激性があるため、乾燥肌や敏感肌の人は痒みを覚える可能性があります。これだけであれば「シャンプーにはよくある話」かもしれませんが、ラウリル硫酸は分子量がとても小さいため、浸透力が高いのです。
肌の内部にまで浸透してしまいますので、「経皮毒」になってしまう可能性が高いのです。浸透力の高さが仇となってしまうのですが、洗浄力もとても高いため、本来であれば必要なはずの皮脂まで落としてしまいます。皮脂は「悪」のように思われているのですが、最低限は必要です。
皮脂がなければ頭皮は乾燥しますので、フケや痒みの原因になるだけではなく、毛穴を痛めたり、さらには本来は頭皮を守る役割を果たしてくれる皮膚常在菌をも死滅させてしまいますので、せっかくのシャンプーが、頭皮に負担をかけるだけではなく、頭皮を弱くさせてしまうのです。

 

・ラウレス硫酸とは?

ラウレス硫酸は先にお話ししたラウリル硫酸の刺激性を緩和した成分です。刺激性・毒性はラウリル硫酸の方が強いのですが、洗浄力はラウリル硫酸同様、とても強いです。ですが、ラウリル硫酸ほどではないとの声もあります。名前が似ているため、混同して「ラウリル硫酸とラウレス硫酸は良くない」といった風潮となってしまっているのですが、ラウリル硫酸ほどではないのが実情です。
もちろん乾燥を招くのは確かですので、細かい成分にまでこだわるのであれば使わない方が良いのは言うまでもありませんが、ラウリル硫酸程ではありません。

 

・成分を見る癖をつけておく

市販であれ通販であれ、シャンプーには成分が表示されていますので、購入するシャンプーは成分を必ずチェックしておくべきです。成分が表示されていないようなシャンプーは怪しいので手を出さない方が賢明でしょう。頭皮は体質によって異なるとはいえ、髪の毛が生える土台である点は誰にとっても同じです。頭皮が良い状態でなければ、髪の毛にも影響が出るのは当然です。