MENU
 

チャップアップ(CU)シャンプーと市販シャンプーは何が違う?成分を比較

薄毛に悩んでいる人にとって、使うシャンプーもとても大切です。もしかしたら薄毛の原因がシャンプーにあるかもしれないからです。
近年インターネットで人気を集めているチャップアップ(CU)シャンプーは薄毛に効果があると言われているだけではなく、美容師やスタイリストが「使ってほしい」と思っているシャンプーとしても名前が上がる程。人気の秘密は効果が出るからですが、なぜチャップアップ(CU)シャンプーは効果が出るのか。
市販のシャンプーとの違いはやはり成分にあるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

・一般的な市販のシャンプー

一般的な市販シャンプーには石油系界面活性剤が使用されています。こちらは合成成分です。化学の進化によって生まれたもので、洗浄力がとても高い一方、製造コストを安く抑えられますので、製造メーカーにとっては「作りやすい」シャンプーです。
ですが、洗浄力が「高すぎる」のです。髪の毛の汚れだけではなく、頭皮に刺激を与えてしまったり、髪の毛に負担を与えてしまうのです。「汚れを落とす」という点は素晴らしいのですが裏を返すとそれだけです。頭皮や頭髪の事を考えず、とにかく「汚れを落とす」という点だけに特化しているのが市販のシャンプーです。
かつてであればそれでも良かったのですが、美容への興味を持つようになると、洗浄力の高さと引き換えに負担を与える点が敬遠されるようになりました。また、頭皮に刺激を与えるおかげで、特に体質に合っていない人は抜け毛を生み、薄毛の原因となってしまうのです。

 

・チャップアップ(CU)シャンプーに含まれている成分は?

チャップアップ(CU)シャンプーは石油系界面活性剤は含まれていません。その代り、アミノ酸系洗浄成分が含まれています。5種類のアミノ酸系洗浄成分によって作られているのですが、そもそもアミノ酸は人間に必要な成分になります。
間違っても人間にダメージを与えるような成分ではありません。体、頭皮、頭髪。すべてに負担を与えません。むしろアミノ酸は肉体の生成にも寄与する成分になりますので、チャップアップ(CU)シャンプーを使っても何も負担にはなりません。
負担にならなだけではなく、血行促進など、頭皮環境を整えてくれますので、薄毛解消に繋がるのです。
チャップアップ4

・ノンシリコンでもキシまない

近年、頭皮に負担を与えないノンシリコンシャンプーが増えています。シリコンシャンプーは頭皮にはあまり良い影響を与えませんので、髪の毛には良いものの、頭皮環境にはあまり良いものではありませんでした。
反対にノンシリコンの場合、頭皮には良いものの髪の毛にはあまり良い影響を与えず、髪がキシんでしまったり髪を乾燥させ、ダメージを蓄積してしまったりといったデメリットがありました。
チャップアップ(CU)シャンプーもノンシリコンではあるのですが、デメリット部分を解決する成分を独自配合しているおかげで髪にも良い影響を与えてくれるのです。この点がチャップアップ(CU)シャンプーの強みです。比べてみました!チャップアップ(CU)シャンプーとスカルプDを徹底比較 薄毛に効果あるのは?