MENU
 

チャップアップシャンプーの定期コースをを解約したい!その方法は?

チャップアップシャンプー女性人気理由

 

チャップアップシャンプーを解約したいときや、定期コースをやめて都度注文にしたいときには、どのような手続きをとればいいのでしょうか?

 

用意するべきものや手順などについてご紹介します。

 

チャップアップシャンプーを解約するのに用意するものはある?

チャップアップシャンプーを解約するために必要なものは、特にありません。

 

購入した人を特定するのに必要な情報は、注文するときに入力した名前や電話番号だけでこと足ります。

 

解約は電話のみの受付となっていますので、まずホームページに記載されているフリーダイヤルに電話します。

 

オペレーターから名前や電話番号の確認のあとに、住所の確認があります。

 

強いていえば、注文入力をしたときに使用した電話番号を覚えていなかった場合にそなえ、受注時の確認メールを用意しておけば安心でしょう。

 

 

定期コースの解約手順

チャップアップシャンプーの定期コース解約の手順は以下のとおりです。

 

1、 ホームページに記載されているフリーダイヤルに電話する。

 

2、 定期便を解約したい旨を伝える。

 

3、 登録内容を確認するための情報を伝える。

 

4、 解約の理由を伝える。

 

5、 解約手続き完了。

 

どのオペレーターでも、解約手続きの手順は変わりません。

 

女性が対応すると決まっているわけではなく、男性オペレーターが出ることもあると想定しておきましょう。

解約時に聞かれる質問と対応方法

チャップアップシャンプーを解約したいとオペレーターに伝えると、いくつかの質問や確認をされます。

 

以下のような質問に応えられるように用意しておきましょう。

 

登録した名前と電話番号

 

登録されている商品お届け先住所を使って、最終的に確認することになります。

 

解約の理由

 

定期便を解約する理由を伝えます。

 

効果を感じられない、お肌に合わない、金銭的な問題といった理由を率直に伝えましょう。

 

金銭的な理由と告げると、他の手段の提案がされることもあります。

 

こちらもさほどしつこく迫られるわけではありませんので、再度解約したい旨を伝えましょう。

 

休止ではなく解約でいいかの確認

 

解約の理由によっては、オペレーターからいったん休止してはどうかという提案がなされる場合もあります。

 

休止にするのか、解約にするのかを決めて意志を伝えましょう。

 

きっぱりと解約と告げても大丈夫です。

 

解約完了の確認

 

オペレーターがその場で解約の手続きをしますので、終了するまで待ちます。

 

終了したとの旨を聞いて電話を切ったら、定期便解約確認のメールが届いているかをチェックして解約手続きは完了。所要時間は数分です。

 

もし解約確認のメールが届いていないようなら、もう一度問い合わせてみる必要がありますので気を付けておきましょう。

 

まとめ

チャップアップシャンプー解約方法

 

定期コースで注文していても、使っていくうちに合わないと感じたり、効果がイマイチだと感じたりすることもあります。

 

そんなときは迷わず解約手続きをすることをおすすめします。

 

チャップアップシャンプーの解約手続きはホームページを通じてではなく、フリーダイヤルでの受付となっています。

 

なんとなく電話での解約は面倒だ、敷居が高いと感じるかもしれませんが、時間の経過とともに次の定期便の発送手続きが完了してしまう恐れも。

 

次回発送日の10日前までには解約したい旨を伝えるようにしておきましょう。

 

また土日祝はフリーダイヤルの受付がありませんので、余裕をもって解約手続きをするよう気を付けておいてください。

 

 

 

電話での解約のやりとりはごくスムーズで、あれこれ質問攻めにあうことも、解約を思いとどまるように説得されることもありません。

 

解約は初回の申し込みからできますので、定期コースで申し込んだけれどやっぱり気が変わったという場合にも、問題なく手続きすることができます。

 

ごく事務的に手続きが進んでいきますので、定期コースに申し込むといろいろ面倒なのでないか…という心配はいりません。

 

 

 

もしチャップアップからのメルマガを登録している場合は、引き続き受け取るかどうかを決めて、停止する場合は解約の手続きのときに申し出るとスムーズにいきます。

 

定期便を一度解約してしまっても、再開も簡単にできるようになっています。

 

最初から定期コースに申し込んですぐに解約してしまっても、さほど面倒なことにはならないというのは安心ですね。